校歌。

榛原高等学校 校歌
            作詞 丸山 薫  作曲 平井 康三郎
  一、 秀麗富士に理想を仰ぎ
     悠久大井の語るを聴かん
     山河明媚を誇れる国に
     花さく園はわれらがつどい
        六棟窓にはげみあり
        まなびは高く真理を拓く

  二、 長汀白砂未来に映えて
     洋々みなぎる駿河の望み
     英気うたいて夢わく郷に
     あこがれつよく放たん友よ
        静波ここにきそいあり
        進取を求め鍛えを越ゆる

  三、 牧原の丘夕空はるか
     星辰めぐりて黙示の光
     大義あらたに踏みゆく道に
     至純をむすぶ団欒はたのし
        栄光とわに讃えあり
        こぞれよ今を榛原高校




旧榛原中学校 校歌
           作詞 福田 正夫  作曲 小松 清
  一、 芙蓉の峰に精あり 護れ
     真剣至誠の校訓を
     ここ榛中 教育の道場
     招く時代の黎明に
     炳たり 希望の光
     聞けや岸うつ黒潮に
     榛中健児の栄を

  二、 榛南大地生きたり 励め
     努力汗する鍛練を
     ここ榛中 勤労の道場
     拓く荊棘鍬の柄に
     燦たり 理想の光
     見よや 竜眼山頂に
     榛中健児の力

  三、 大井の流れ凛たり
     明るく正しく強くあれ
     ここ榛中 魂の道場
     萌ゆる祖国の学園に
     燎たり 先駆の光
     示せ 文武の両道に
     榛中健児の誉